いぼ切除の相談【信頼できる医師を見つける】

女性

きれいな仕上がりが特徴

カウンセリング

傷が残りにくいのが特徴

いぼは顔や首、胸などの皮膚が薄く、デリケートな部分に出来やすく、5?以下の小さい形状のものが多いですが、一?前後の大きいものがあるので、特に痛みやかゆみなどはなくても除去をしたい人がほとんどです。いぼはウイルス性の可能性があるので、自分でハサミややすりなどを使って切除をするのは避けて下さい。ウイルス性の場合は自分で切除をすると健康な皮膚に広がってしまうケースもあります。経験豊富な医師が在籍をしている美容皮膚科や美容外科のクリニックで、治療を受けることが大事です。ポピュラーないぼ切除の方法には、マイナス196度の液体窒素を綿棒に付けて、いぼを除去することが多いです。施術を受けた直後は水ぶくれなどが出来る場合がありますが、数日を経過すると目立たなくなり、剥がれ落ちるのが特徴です。比較的小さい形状のイボの場合に行うことが多いですが、一人一人の皮膚の状態が違っているので、丁寧なカウンセリングや診察を受けてから、最適な方法を提案してもらうと良いでしょう。口コミで評価の高い美容外科や美容皮膚科のクリニックでは、ほとんど傷跡が残らないので、きれいな皮膚になりたい人にお勧めです。納得が行くまで相談ができるクリニックを選んで下さい。いぼは直径が1?前後と大きい場合は、見た目の印象が良くないのでコンプレックスを感じている人がほとんどです。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、炭酸ガスレーザーによる切除が受けられます。炭酸ガスレーザーは従来のレーザー治療に比べると、体に負担が少なく短時間で施術が受けられるので、幅広い年代の人が施術を受けています。液体窒素によるいぼ切除は保険適用が受けられますが、保険適用外の治療も受けられるので、医師に相談してみると良いでしょう。大きめの場合は、局部麻酔を行った後に電気メスを使用して、焼き切る方法もあります。電気メスは安全性に優れており、傷跡も残りにくいので使用している医療機関が増えています。一般的なメスのいぼ切除に比べると傷の治りが早いのが特徴です。一人一人の皮膚の状態やいぼの数によっても、最適な治療法が違ってくるので、医師のアドバイスを受けて下さい。口コミで評価の高い美容外科や美容皮膚科のクリニックを選ぶと、平均的な相場になっており、安心して治療が受けられます。いぼの数が多い場合は、数回の切除が必要なケースもあります。症例数の多いクリニックを選ぶと、きれいな仕上がりが特徴なので安心して通院ができます。